2019~ Node Architecture

某ベンチャー企業の新社屋プロジェクト。コロナ禍の始まる以前の2019年から立ち上がった本計画。当初は都市中心部に権威的で象徴的な「新社屋」設計を基本構想としてスタートしましたが、コロナ禍を経て、自然豊かな郊外に立地する周辺環境を引き込んだ低層の「新社屋」として緩やかにコンセプトがシフトチェンジしていきました。1階は全て「シェア」概念を内包した空間です。出張型の「シェアカフェ」、金沢美術工芸大学と連携する学生主体の「シェアギャラリー」、業界の垣根を越えた交流の場である「シェアオフィス」。地域に開かれた「緑道」や「路地」を介して、社会と繋がるコミュニティスペースとして機能します。2階は企業オフィススペース。北棟は「パブリックオフィス」としてセミナーやレクチャー等に対応可能、南棟は「プライベートオフィス」として執務空間を最大限確保します。2つの性格の異なるオフィス空間を「パッサージュ(渡り廊下)」が緩やかに繋げていきます。周辺環境のコンテクストで最大の特徴である「キャンチレバー(片持ち)」を実現するために、オーノJAPAN(東京都)に構造設計を依頼。木造トラス架構を各所に配置することで、約5mのキャンチレバーを実現します。緑道デザインは敷地近くに存在する「西田家庭園 玉泉園」(石川県指定名勝)を参照。回遊性ある茶室露路空間を拠り所に植栽デザインは西畠清順(そら植物園)に依頼をし、設計プロセスにおける「釉薬」フェーズとして化学反応や劇薬として期待します。コロナ禍を経た、次世代型シェアオフィスとして新しい建築イメージの提案です。

Client

株式会社 家元